私たちの取組み

リユース食器

ゼロ・ウェイストアカデミーでは、2008年からリユース食器の貸出も行っています。
リユース食器とは、使い捨てではなく何度も使える食器のことで、
イベント時に使う容器として全国でも広がりつつあります。
普段の生活ごみを減らすだけではなく、イベントやお祭りで出てしまうごみも減らしていくために、
ゼロ・ウェイストアカデミーではリユース食器をオススメしています。

リユース食器

紙コップや紙皿などの大量のゴミを軽減します

こんなシーンでも活用

上勝最大イベント「夏祭り」でのリユース食器返却ブース。
町内の各地域でのお祭りでもリユース食器が使われます。
徳島市のイベントでも使われたリユース食器。
最新情報はブログで

 


リユース食器との出会い

上勝町では、毎年夏に青年会主催の夏祭りが行われます。
このお祭りが上勝町で一番大きなイベントなのですが、そこで出る大量のごみもやはり分別をして、もちろん洗わないといけません。
燃やせば一番早い話ですが、そこはやはり上勝町。
リサイクルするよりも、リユースだ!ということで、2006年に大阪の貸出団体「リユース食器のABC」から初めてリユース食器を借りて、容器ごみの削減を図りました。結果は、祭りから出るごみが激減!!やはり出てきたごみをどうするか考えるより、大元から変えた方がごみは減りますね。その後の夏祭りでは、リユース食器が使われることとなったので、ゼロ・ウェイストアカデミーで保有して、他の地域のお祭りでも使えるように貸出を始めました。

リユース食器ってどんなもの?

リユース食器は、落としても割れない素材でできている物が多く、飲食した後に返却してもらい、洗浄・消毒を経て次の使用に備えるというものです。
食器の貸出拠点は全国に多数あり、「リユース食器ネットワーク」から探すことができます。団体により保有食器も貸出方法も異なりますので、自分の地域の近くにはどういう団体がいるのか調べてみるのも楽しいと思います。洗浄消毒できる車両を貸し出してくれるところもありますよ。
http://www.reuse-network.jp/

リユース食器を導入する時の注意点

もし新たにイベントでリユース食器を使おうと思ったら、注意点が1つあります。
まず、何よりも返却してもらうための工夫が必要です。お祭りの容器は使い捨てという先入観があると、リユースするための食器も捨てられたり、持って帰られたりします。
そうなると元も子もないので、会場での看板や放送などの周知は当然のこととして、出店の人にも売るときに説明をしてもらうことや、デポジットなどの返したくなる工夫が必要です。
上勝町では、返しに行くと輪投げができて、お菓子までもらえる嬉しい仕組みになっています。

デポジットのやり方の例

*デポジットのやり方 A飲み物などを買う前にデポジット(預かり金)を払って容器を借り、飲食し終わって容器を返却するとお金が戻ってくる。 B出店などでデポジットを含んだ料金で販売し、容器を返しに行くとお金が戻ってくる。

ゼロ・ウェイストアカデミーの貸出食器

450mlカップ 保有数300個
280mlカップ 保有数600個
カレー皿 保有数350個
(100個以下の少数であれば、様々な食器を保有しています。
お問い合せください)

お申し込み方法

貸出希望の日時、場所、食器個数、使用イベント名を連絡してください。


ゼロ・ウェイストアカデミーTOPへ