ゼロ・ウェイスト運動とは

現状の問題点

普段、ごみのことでイヤだなぁって思うこと、ありますよね?
それがなくなるような社会になればいいな、と思います。

デポジット制度の効用

生産者が回収するデポジット制度が進めば、生産者は、回収しても自分たちの損にならない物を作るはずです。
結果、リサイクルできる原材料であり、有害物質を含まない物を使っていくようになるでしょう。回収しやすい物を作るということは、分別のしやすさにもつながり、リサイクルを推進します。
さらに、デポジット制度により、容器ごみやタイヤなど不法投棄されやすい物も、持っていかないと損だという意識が生まれ、ポイ捨てがなくなるでしょう。

 

リサイクルのための分別

資源化できる物を資源化にするため、分別が必要です。
確かに手間が必要になりますが、その分、雇用の確保ができます。
高額な焼却施設を建てて、人件費を削減するよりも、人件費にお金をかけて、リサイクル事業収入を得る方がよっぽど健全でしょう。
そして、分別の雇用ができれば、住民側が行う分別もさほど必要なくなり、住民の負担が減ります。

最終処分場が激減する

資源化できる物が作られ、資源化できる仕組みがあれば、焼却・埋め立てられるごみは、ほとんどなくなります。今使用している焼却施設も、耐用年数が過ぎる際の次の選択肢は、閉鎖になるでしょう。また、残余年数が数年しかなかった最終処分場も、大幅に残余年数が延びるでしょう。そうなると、新しく用地を取得するのに苦労することも、焼却施設を建てて健康被害に悩まされることもなくなるでしょう。


ゼロ・ウェイストアカデミーTOPへ